まもなく梅雨入り。湿気が多くなるこの季節、髪のうねりや広がりにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

髪型がキマらないとテンションも下がってしまう・・・

そこで今回は、今日から簡単に取り入れられる「ヘアケアブラッシング」をご紹介します。梅雨でも自信の持てる髪を手に入れましょう!

目次

髪の毛のうねり・広がりの原因は?

髪の毛のうねり・広がりの原因は、キューティクルの損傷による「水分バランスの崩れ」です。

髪の毛は、外側を「キューティクル」と呼ばれる部分に覆われています。キューティクルは、いわば髪の毛を守る鎧のようなもの。キューティクルが根元から毛先に向かってウロコ状に重なり合うことで、外部の刺激から髪を守り、髪の毛のタンパク質や水分を適切な状態に保っています。

キューティクルが整った髪であれば、外部からの湿気や水分もしっかりとブロックしてくれますが、何らかの原因でキューティクルが剥がれたり、傷ついたりしていると、水分バランスの調整が難しくなります。

そのため、髪の毛が必要以上に水分を吸収し、溜め込んでしまった結果、髪の毛がうねったり、広がったりしてしまうのです。

髪の内側の根元がうねると全体のシルエットが広がり、毛先もまとまらない

雨や湿気が多い時季はどんなケアを行えばいい?

雨や湿気が多い時季は、日ごろからキューティクルをケアして、髪が必要以上に水分を吸収しないようにすることが重要です。

しかし、キューティクルはとても繊細。カラーリングやパーマだけでなく、シャンプーやブラッシングなどによる摩擦でも、傷ついたり、剥がれてしまったりする原因になります。

髪はダメージを受けると絡まりやすくなってしまう

また、キューティクルは一度剥がれてしまうと、後からいくらケアしても再生することはできません。だからこそ、毎日の生活の中で、できるだけ髪に負担をかけないように心がけることが大切です。

今日からできる「ヘアケアブラッシング」で雨や髪に負けない髪へ!

そこで皆さんにおすすめしたいのは、「ヘアケアブラッシング」です。

ブラッシングと聞くと、ヘアスタイルを整えたり、髪の絡まりを解きほぐすイメージがありますが、実は、髪や頭皮を健やかに保つ大切な役割もあります。

「ブラッシングを通してヘアケアをしている」という意識をもって、生活にブラッシングを取り入れると、キューティクルのケアだけでなく、頭皮の環境を整える手助けにもなります。

梅雨時の不快な“髪のニオイ”もブラッシングでケア!

そうは言っても、髪が絡まっていたり、広がっていたりすると、ついつい強い力でブラッシングをしてしまいがち・・・。

そんな時こそ、タングルティーザーです!!

タングルティーザーは、無理な力をかけずに髪の絡まりを解きほぐすことに特化し、同時にキューティクルを整える特殊なブラシ構造になっています。

左半分がブラッシング前、右半分がタングルティーザーでブラッシングした後の状態

どんなシーンでブラッシングすると、効果的にヘアケアブラッシングができるのか。おすすめのタングルティーザーと合わせてご紹介します!

おすすめのブラッシングシーン

シャンプー前のブラッシングで汚れを浮き上がらせる

頭皮についた汚れは、シャンプーだけではなかなか落とすことができません。また、泡立ちが悪いからといってシャンプーを大量に使ったり、髪と髪をこすって洗ったりすると、キューティクルを傷つけてしまう恐れがあります。

シャンプー前のブラッシングであらかじめ汚れを浮き上がらせ、絡まりをとっておくことで、少ないシャンプーの量で、やさしく汚れを洗い流すことができます!

ブラッシングのポイント

すべての髪にブラシを通すイメージで、髪の生え際から後頭部に向かって(オールバックにするように)、襟足から後頭部にかけて、やさしくブラッシング。頭皮をマッサージするように、洗い残しの多い髪の生え際や耳回り、襟足部分も忘れずにブラシを通しましょう。

キューティクルの向きに逆らわないよう、必ず根元から毛先に向かうようにブラッシングしてください。

頭皮からブラシが離れないように、頭全体をマッサージするような感覚でブラシを動かす
ロングヘアの方は手のひらの上に髪を乗せて、絡まりやもつれをやさしく解きほぐしてください

ブラッシングの後は、36~38℃のシャワーで1~3分ほど、指の腹で頭皮をしっかりと洗い流します(これを予洗いといいます)。

シャンプー前のブラッシングと予洗いで、髪や頭皮についた汚れの約8割は落とすことができると言われており、入浴前のブラッシングはいわばシャンプーの前準備!シャンプーは、髪ではなく、頭皮を洗うイメージで行いましょう。

トリートメントやヘアオイルをブラシで馴染ませる

お風呂でのトリートメントや、お風呂上がりにヘアオイルなどでキューティクルをケアをすることも大切です。トリートメントやヘアオイルをつけてから、ブラシで丁寧に梳かすと、ムラなく成分が浸透し、トリートメントの効果を高めることができます。

トリートメントを十分に浸透させるためには、塗布する前にしっかりと「髪の水気をとる」ことがポイント。一度ブラシを通してから、髪の水分を優しく落としてあげましょう!

ドライヤー前後のブラッシング

ドライヤーの熱ダメージは、髪に大きな負担がかかります。そこで、ドライヤーの前にブラッシングを行い、ドライヤーを髪にあてる時間を短縮しましょう。

乾かす前に毛流れを整えることで、毛先に水分が移動し、絡まりも解けるため、ドライヤー時間を短縮することができます!

デリケートな濡れ髪には「ザ・ウェットディタングラー」がおすすめ!

ドライヤーはキューティクルの向きに沿って、上から下へあてます。ポイントは、乾きにくい「根元」から乾かすこと。水分は根元から毛先に伝っていくため、毛先から乾かすとダメージの原因になります。

全体の8~9割程度乾いたら、ドライヤーの「冷風」機能を使って、ドライヤーの熱風で開いたキューティクルを閉じます。最後に、根元から毛先に向かってブラッシングすることで、キューティクルが整い、自然なツヤのある髪に仕上がります。

髪内部に必要な水分も逃がさない!

冷風を当てることで髪型も固定されるため、ヘアアイロンなどでスタイリングした後にも、冷風+ブラッシングのコンビで仕上げると良いでしょう♪

外出先でこまめにブラッシング

風などで髪の毛が絡まると、摩擦でキューティクルを傷める原因に。外出先でも、こまめにブラッシングをすることで髪へのダメージを防げます。

絡まりが気になる場合は、急に根元から梳かさず、毛先から丁寧に解きほぐしましょう。

毎日のルーティーンに「ヘアケアブラッシング」を加えることで、キューティクルをケアすることができます。日々の積み重ねで、雨や湿気に負けないさらツヤ髪を手に入れましょう!

ぜひ皆さん、今日から取り入れてみてください♪

ー終わりー

ご紹介したヘアケアブラシはこちら